スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯医者でのどに脱脂綿つまらせ2歳児死亡 埼玉・新座(産経新聞)

 13日午後3時5分ごろ、埼玉県新座市東北の歯科医院「にいざデンタルクリニック」から「患者がのどに脱脂綿を詰まらせた」と119番通報があった。救急隊員が駆けつけたところ、前歯などの治療を受けていた同市の女児(2)の呼吸が停止しており、病院に運ばれたが14日朝に死亡した。新座署では死因を調べるとともに、業務上過失致死の疑いもあるとみて、担当の女性歯科医師(37)から事情を聴いている。

 新座署の調べでは、女児は自宅で転倒して前歯などを負傷。父母が付き添って歯科医院を訪れた。13日午後2時50分ごろから止血の治療をしていたところ、治療に使っていた脱脂綿がのどに詰まり、取り除いている最中に容体が急変した。歯科医師は「止血のために脱脂綿を使用した際、のどに入り込んでしまった」と話しているという。

【関連記事】
こんにゃくゼリー、危険性はモチの次「アメと同程度」
「黄砂」増大可能性 ぜんそくや花粉症の悪化も 
「まだ温かかった」虐待2歳児、診察の医師
1歳女児、虐待死か あご骨折、体にあざ 大阪
呼吸器外れ患者死亡 島根の隠岐病院、県が立ち入り検査

亀井金融・郵政改革相、辞任の意向固める(読売新聞)
反民主か連携模索か、損得勘定続く「第3極」(読売新聞)
王貞治氏の記念切手=郵便局(時事通信)
<性同一性障害>学校への相談…15都府県が把握 本紙調査(毎日新聞)
運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
スポンサーサイト

社民山口県連、原田大二郎氏の推薦見送り(読売新聞)

 社民党山口県連は3日、幹事会を開き、参院選山口選挙区(改選定数1)に立候補予定の民主党新人の俳優・原田大二郎氏(66)について推薦を見送り、自主投票とすることを決めた。

 佐々木明美県連代表は「政権から離脱したため推薦はできない。自民党政権の復活を許さない立場で自主投票とする」と述べた。

4日に代表選と組閣 菅副総理が先行 海江田氏擁立論も浮上(産経新聞)
近鉄社員が不正乗車 乗り越し運賃着服も(産経新聞)
日中首脳会談「ヘリ接近」「哨戒艦」成果なく(読売新聞)
住民「こういう日来るとは」=豊島産廃、調停成立から10年―香川(時事通信)
前原国交相も菅氏支持の意向表明(読売新聞)

警察官「やるかやられるかだった」 加藤被告との格闘証言 秋葉原殺傷(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原殺傷 第9回公判】(6)

 《現場に居合わせて、加藤智大(ともひろ)被告(27)を現行犯逮捕した警察官の男性証人に対する尋問は、事件後の対応や処罰感情に移った》

 検察官「被害を受けて防護衣の着用に変化はありましたか」

 証人「地域課に加えて交通課でも着用を義務付けられました」

 検察官「今回の事件を機に?」

 証人「はい」

 検察官「今回の事件で証人も刃物で突かれるような被害を受けましたが、被告に対してどういう気持ちですか」

 証人「自分が被害者の立場だったらどういう気持ちだったかをもう一回考えてほしい。やったことに対して相当の処分を望みます」

 検察官「私からは以上です」

 《検察官の尋問は終了し、弁護人の尋問に移る》

 弁護人「拳銃(けんじゅう)を向けたときの被告の表情はがっかりしたようなものだったと先ほどおっしゃっていたが、調書だとおびえたような表情だったとあるが、そういう感じだったのか」

 証人「はい」

 《弁護人が証言台のそばに行き、大型モニターに映し出されている図面の位置を調整した。交差点付近が映し出された》

 弁護人「最初、交番でガシャンという音を聞いたときのことをうかがいますが、あなたは被告がトラックを降りて走っていったのを見ていませんか」

 証人「はい」

 弁護人「白っぽい服の男がトラックを運転していたかわからない?」

 証人「よく覚えていません」

 弁護人「マル1の地点で男を見ましたか」

 証人「はい」

 《加藤被告が交差点にトラックで突っ込んだ直後の車の位置関係などを質問する弁護人。続いて加藤被告と証人が向かい合った場面に移る》

 弁護人「男は走ってくる最中に声を上げていましたか」

 証人「いろんな人の悲鳴でかき消されていて覚えていません」

 弁護人「男の手の動きは?」

 証人「ひじを直角に曲げて肩から当たってくる感じ。走っているときは右手を突き出す感じでした」

 弁護人「見ていた人の中には、被告は手を地面と水平になる感じにして走ったという人がいましたが」

 証人「覚えていません」

 弁護人「K1からK2にKさんが移動するのは見ましたか」

 証人「気づいたら人垣で被告が止まっていました」

 《事件現場の交差点からJR秋葉原駅方向に南下して路地に入る直前の様子を質問する弁護人。証言台横の図面を調節して大型モニターに、加藤被告が拘束された路地付近を映し出した》

 弁護人「人垣というのはどの辺ですか」

 証人「歩道上や車道の付近です」

 《証人は図面に人垣の範囲を図示した。道路の端から端まで人垣ができていたようだ》

 弁護人「何人ぐらいいましたか。大体でいいです」

 証人「100人ぐらいいたと思います」

 弁護人「マル3からマル4に南下したとの話ですが、Kさん以外に倒れている人はいましたか」

 証人「おりません」

 弁護人「あなたが追いかけているときに『待て、やめろ』と声をかけましたか」

 証人「はい」

 弁護人「警察官ということはその時点で言っていませんか」

 証人「そのときは言っていません」

 弁護人「被告と対峙(たいじ)したときのことをうかがいますが、対峙して格闘している間、被告は『わー』とか声を上げていましたか」

 証人「無我夢中で覚えていません」

 弁護人「確認しますが、あなたが直接(ナイフの攻撃が)当たったと感じたのは最初の一撃ですか」

 証人「はい。後からほかに当たったかもしれません」

 《弁護人は証人が万世橋警察署に配属され、防護衣を支給されたことについて聞いていく》

 弁護人「(防護衣の)中のものも(新たに支給されたのか)?」

 証人「中はちがいます」

 弁護人「毎日着用していましたか」

 証人「はい」

 弁護人「中の防護板は取り外しますか」

 証人「取り出すこともありますが…」

 《警察官が加藤被告と格闘したときに着用していた防護衣や防護板についた傷について、詳しく尋問する弁護人。防護板の傷は、加藤被告以外に傷つけられたものではないかと疑っているようだ》

 弁護人「対峙したときのことに戻ります。最初は(ナイフを)突き出してきましたか」

 証人「はい」

 弁護人「ナイフを持っている手に警棒を振り下ろした記憶はありますか。ナイフを落とそうとしたんですか」

 証人「そういう行動をとっていると思います」

 弁護人「手に当たったかは覚えていませんか」

 証人「覚えていません」

 弁護人「警棒は何センチでしたか」

 証人「柄の部分を合わせて60センチです」

 弁護人「警棒は肩に当たりましたか」

 証人「よく覚えてないです」

 《弁護人の質問は、証人が加藤被告と対峙した場面についてに移る。どのように証人が加藤被告に警棒を振り下ろしたのかを細かく質問する》

 弁護人「路地に入る前のことを聞きますが、この時点で拳銃のホルダーに手はかけましたか」

 証人「覚えていません」

 弁護人「路地入り口のところで警棒はしまいましたか」

 証人「その付近で収めるとナイフで刺されたと思います」

 裁判長「あとどれくらいですか」

 《弁護人の質問はまだ続くようだ。速記担当が交代した》

 弁護人「マル6の位置で対峙したときの話ですが、『撃つぞ』と言ってもナイフを下ろさなかったが、もう一度言ったところ、ナイフを下ろしたとのことですが、両手を被告が上げたのはいつですか」

 証人「落としてから上げたと思います。1度目の警告をした後、ナイフを落としてから被告が『ナイフ落としました』とか言ってから、手を上げたと思います」

 弁護人「それから崩れ落ちるようになって上から乗っかった感じですか」

 証人「はい」

 弁護人「靴下にあったナイフについてですが、走っていて落としたと言いましたか」

 証人「そのような感じで言っていたと思います」

 《証人に対する質問はここで中断した。弁護人は検察官のいる場所へ移動し、証人が身に付けていた耐刃防護板を検察官と確認している。加藤被告もそれをじっと見ている。防護板についた傷を確認しているようだ。そして弁護人は防護板を証言台の証人の所に持ってきて、見せながら質問した》

 弁護人「全体的に縦にすれた傷がありますが、これはいつのものですか」

 証人「分かりません」

 弁護人「他の人から受け継いだもので分からないということですか」

 証人「わかりません」

 《弁護人は弁護人席に戻った。その後別の弁護人に交代し、質問が続いた》

 弁護人「証人が最初に対峙したときのことをうかがいますが、振り返って対峙したときの被告の表情は?」

 証人「私の方に向かってくるような表情でした」

 弁護人「おびえたような表情ではない?」

 証人「そういった表情ではないです」

 《弁護人の尋問はこれで終了した。その後、検察官は証言台横の図面を調整し、トラックが突っ込んだ交差点近くを示した》

 検察官「あなたと被告の間に車が止まっていたということですが、被告とかの位置は見えましたか」

 証人「はい。邪魔にはなっていません」

 検察官「対峙して被告がついてきた状況をうかがいます。その状況を事件の年の9月に警察庁で再現していますね。思いだしたことは?」

 証人「ナイフに警棒を振り下ろしたのを思いだしました」

 検察官「その際に踏み込んでくる被告の額に当たったのを意識しましたか」

 証人「そう感じました」

 検察官「防護衣の傷と中の板の傷は重ねると一致するのは確認しましたか」

 証人「はい」

 《検察官の質問は終了。次に向かって左側の男性裁判官が、対峙したときの様子を尋問した》

 裁判官「被告に対峙したとき、警棒を「8」の字に振ったというのは意識してやったんですか」

 証人「逮捕術の術科訓練でやった通りにやりました。凶器を振り回させないようにです」

 裁判官「被告はすきを狙ってナイフを振ったように見えましたか」

 証人「私もやるかやられるかだったので覚えていません」

 裁判長「尋問としては終了です。示した図面に名前と日付を記入してください。長時間お疲れ様でした」

 《裁判長が尋問の終了を告げた。証人は、傍聴席や裁判長に一礼し、早足で退廷。ここで20分程度の休廷に入った》

 =(7)へ続く 

【関連記事】
(1~)「突き上げるように次々パンチ」…目撃男性が証言 秋葉原殺傷第9回公判ライブ
秋葉原無差別殺傷 きょう第9回公判 被告取り押さえた警察官が証言
選択したのは自分自身 昨今の派遣の報道は不思議です。
麻生前首相がたけしにぶっちゃけトーク
AKB48が秋葉原で飲酒運転撲滅呼びかけ
虐待が子供に与える「傷」とは?

<東京工業大>教員が大学院入試成績入りハードディスク紛失(毎日新聞)
平沼氏、日本創新党と統一会派の意向(読売新聞)
現地で結婚式も フィリピン女性と偽装結婚仲介 パブ経営者逮捕(産経新聞)
知事公用車センチュリー、214万円でネット落札(読売新聞)
タクシー道順で口論…西宮市職員、運転手殴る(読売新聞)

篠山紀信氏を略式起訴 ヌード写真集の屋外撮影で(産経新聞)

 東京都立青山霊園でヌード写真の撮影を行ったとして、東京地検は20日、公然わいせつと礼拝所不敬の罪で、写真家の篠山紀信氏(69)を略式起訴した。

 篠山氏は平成20年8月16日から10月15日の間、青山霊園や江東区有明の有明北橋上など計12カ所の屋外で、公然と女性の裸の写真を撮影したとして、警視庁が今年1月、公然わいせつ容疑で書類送検していた。

 この時に撮影した写真の一部は、昨年1月に発売された写真集「NO NUDE by KISHIN 1 20XX TOKYO」に収録されている。

【関連記事】
「記念碑的な作品作りたかった」 篠山紀信氏とモデルの計3人を書類送検
衝撃告白!篠山紀信“お願い”に原紗央莉「断れなかった」
エンタメ? わいせつ? 写真評論家に聞く篠山紀信写真集の違法性
公然わいせつ写真集、ネットで暴騰プレミア価格!
草刈民代、涙で激白…ヌード写真集を出した本当のワケ
中国が優等生路線に?

海上の安全願う大田区の水神祭(産経新聞)
早期幕引き狙うが…首相と小沢氏が背負う重い「責任」 (産経新聞)
<詐欺>うその説明で教材高額で販売 4人を容疑で逮捕(毎日新聞)
パロマ事故判決 「ヒロ君の死、無駄じゃなかった」 両親会見(産経新聞)
<民主党>参院の議員定数40程度削減方針 公約盛り込みへ(毎日新聞)

小さなRNAが関節炎抑制=世界初、マウスで確認-成育医療研究センター(時事通信)

 たんぱく質合成に関与しない小さなリボ核酸(マイクロRNA)の一つが、生物の発生段階での骨格形成と、成長後の関節の老化防止の双方に重要な役割を果たしていることを、国立成育医療研究センターの浅原弘嗣部長らの研究グループが突き止めた。このRNAが多いマウスは関節炎になりにくかった。米科学誌ジーンズ・アンド・デベロップメント電子版に13日発表した。
 老化に伴う疾患に直接関与するマイクロRNAの機能の発見は世界初で、新たな治療法の開発が期待されるという。
 研究グループは、300種類ほどのマイクロRNAのうち、関節に存在する「miR-140」に注目。遺伝子操作でこれを持たないマウスをつくったところ、大きな異常はないものの、手足が短い、鼻が低いなどの特徴があり、マイクロRNAが発生段階で体の形成を微調節しているとの従来の仮説に合致していた。
 さらに、成長した後、早期に関節炎を自然発症することが分かった。この関節炎は、関節の軟骨組織が壊れて痛みや運動障害を起こす人の変形性関節症に発症メカニズムが非常に似ているという。
 逆に、miR-140を普通より多く持つマウスをつくったところ、関節炎になりにくかった。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
iPS特許、米社にライセンス=海外は初、京大の知財管理会社
殺処分対象、3万頭に迫る=豚でまた口蹄疫疑い
視床下部遺伝子を網羅解析=精神疾患解明に期待
アジアのウイルスと近似=宮崎の口蹄疫

【フラッシュナビ】春版大掃除の実践者、2年前から43・9%増(産経新聞)
袋詰め遺体、重りはいかり=女性の身元確認急ぐ-神奈川県警(時事通信)
<幹細胞>政府の姿勢を「研究阻害」と批判…京都大准教授(毎日新聞)
6月にショートステイ整備事業の説明会―東京都(医療介護CBニュース)
千葉・医療再生の序章(下) ―地域医療を街づくりへ(医療介護CBニュース)
プロフィール

うすいかずひこ

Author:うすいかずひこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。